水質データ

<テラアクアに8時間浸水浄水後の水質データ>


​テラアクアの浄水材は、強力に殺菌洗浄され、浄水1リットルあたり10000個以上ある一般細菌を30個以下まで減らしています。(国が定めた飲料水の基準は100個/Lです。)水道水質基準51項目を全てクリアしております。取水口には極細サイズのメッシュフィルターが取り付けてありますので安心してお使い、飲用していただけます。
浄水にはナトリウム、マグネシウムが多く溶出していることがデータからわかります。
ナトリウムはカリウムとともに体内の水分バランスや細胞外液の浸透圧を維持しているほか、酸・塩基平衡、筋肉の収縮、神経の情報伝達、栄養素の吸収・輸送などにも関与しています。また、水分を保持しながら細胞外液量や循環血液の量を維持し、血圧を調節しています。そのほかに、胆汁、膵液、腸液などの材料でもあります。ナトリウムの1日あたりの目標摂取量は18歳以上女性では1日7.0g未満、男性では8.0g未満とされています。亜鉛、銅、マンガンなどのミネラル類も増えています。これらは免疫細胞の強化に必須の栄養素です。マグネシウムはしっかりと摂取することで、長寿ホルモン『アディポネクチン』が血中に増え、アンチエイジング効果を得られると言われています。
またこの浄整水器によって、カルシウムとマグネシウムの黄金比率と言われる2:1のバランスに整えられています。カルシウムの吸収を高め、水の味も良く感じられるという比率に調整されています。水がおいしく、また弱アルカリ性の軟水になるため、珈琲やお茶を淹れるのに適した水と言えるでしょう。珪素に関しては、増えてはいますが、そんなに多くは滲出していないと言えます。珪素はとても安定性の高いミネラルなので、ほぼ珪素で出来た鉱石に浸して珪素が多量に滲出するということはあまり期待出来ません。一般的にシリカの天然水として販売されているシリカ天然水は90mg/Lほど珪素が含まれています。それに近づけるには、濃縮珪素水UMO plusを満水のタンク(約4リットル)に4ml程度(小さじ1杯弱)を加えることで可能になります。

©2019 by テラアクア tera aqua テラヘルツ浄水器。Wix.com で作成されました。